ブログ

ChatGPTに権利義務取締役を聞いてみた! やっぱりダメだった。

話題のChatGPTに権利義務取締役について聞いてみました。

会社法第346条には、「役員等に欠員を生じた場合の措置」が定められています。会社法346条1項を見てみましょう。

第346条【役員等に欠員を生じた場合の措置】役員(監査等委員会設置会社にあっては、監査等委員である取締役若しくはそれ以外の取締役又は会計参与。以下この条において同じ。)が欠けた場合又はこの法律若しくは定款で定めた役員の員数が欠けた場合には、任期の満了又は辞任により退任した役員は、新たに選任された役員(次項の一時役員の職務を行うべき者を含む。)が就任するまで、なお役員としての権利義務を有する。

つまり、「任期満了や退任により取締役に欠員が生じ、法律や定款によって定められた取締役の人数を下回った場合、新任の取締役が選任されるまでの間、もともとの取締役は辞めることはできませんよ、依然として取締役としての権利を有し、義務を負いますよ」ということです。

会社の中枢である取締役の人数に不足が生じた場合、その会社が機能しなくなるおそれがありますから、それを防ぐための措置です。

ただし、会社法第331条に規定される欠格自由に該当する者および解任された取締役は、権利義務取締役とはなりません。どちらも取締役として不適格だからです。

会社法第331条は、「取締役の資格等」について定めた重要な条文ですので、ここで復習しておきます。ここで話題になっている取締役の欠格事由について定められているのは、331条1項です。かなり長い条文ですので、ここにすべて書くことはせず、以下に要点をまとめておきます。

取締役の欠格事由
① 法人
② 会社法もしくは一般社団法人及び一般財団法人に関する法律(要は会社運営関連の法律)の規定に違反し、または金融商品取引法や民事再生法など(要はお金関連の法律)上の罪を犯し、刑に処せられ、その執行を終わり、又はその執行を受けることがなくなった日から2年を経過しない者
※「取締役として守るべき法律を破ったのだから、軽微な罪でも容赦せんで~」という趣旨。
③ ②法律の規定以外の法令の規定に違反し、禁錮以上の刑に処せられ、その執行を終わるまで又はその執行を受けることがなくなるまでの者(刑の執行猶予中の者を除く。)
※「②以外の法律だったら、会社運営とはあまり関係がないから、禁錮以上の刑に処せられたときだけ欠格事由とするで~」という趣旨。
※よい子のみなさんへ…守らなくてもよい法律はありません。ご注意ください。
※令和元年会社法改正により、成年被後見人や被保佐人は取締役の欠格自由ではなくなりました。制限行為能力者の意思を尊重しようという趣旨です。

さて、前置きが長くなりましたが、ChatGPTは権利義務取締役についてどのような答えを返してくれるのでしょうか。

【質問】
権利義務取締役について教えてください。
【ChatGPTの回答】
権利義務取締役(ごんりぎむとりしまりやく)とは、日本の会社法における役員の一つです。通常、企業の経営においては取締役会が最高意思決定機関となりますが、権利義務取締役はその中でも特別な役割を担います。
権利義務取締役は、取締役会の中で従業員を代表して選出される役員であり、労働者側の視点や意見を取締役会に反映させることを目的としています。具体的には、従業員の利益や労働条件、福利厚生などに関する意見を取締役会に提案し、企業の経営方針や決定に影響を与える役割を果たします。
権利義務取締役は、従業員代表としての立場を持ちながらも、企業全体の利益や健全な経営を考慮しなければならないという責任を負います。そのため、他の取締役と協力し、会社の発展と利益増大を図ることが求められます。
日本の会社法において、権利義務取締役の存在は労働者の参画と意見の反映を促進することを目的としています。従業員の視点を経営に反映させることで、企業内のコミュニケーションや労使関係の改善、組織の健全な運営を図ることを目指しています。
なお、権利義務取締役の具体的な任命方法や権限などは、会社の規模や形態によって異なる場合があります。会社法に基づき、企業内で定められた規則に従って役割が遂行されます。

ChatGPTの回答は全部ダメですね。
そもそも、「ごんりぎむとりしまりやく」って……「けんりぎむとりしまりやく」が正しい読み方です。「ごんり」と読むほうが難しい気がします。

関連記事

  1. ChatGPTに民法177条を聞いたら大ウソが返ってきた!

  2. ChatGPTに74条2項保存を聞いたらうまくはぐらかされた!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

PAGE TOP